二重整形手術の麻酔

二重整形手術をする時には、麻酔を行います。

麻酔と言うと、手術をしたことが無い人には、どんな感じになるのか、想像がつかないと思います。

二重整形手術の際に使用される麻酔は、局所麻酔です。

局所麻酔と言うのは、その部分にだけ、ピンポイントに効く麻酔です。

麻酔は手術後2~3時間で切れるようになっています。

教えるミナ

局所麻酔のための注意点

二重手術をする際には、まず最初に注射器で麻酔液を注入します。

両目のまぶたの表側からと、まぶたの裏側から麻酔を打たれます。

この時は、結構痛いのです。

針でチクッとした時に、どうしても力が入ってしまうものですが、ご自身が力を入れたことによって、手術後に腫れたり内出血を増やす原因になることがありますので、注意しましょう。

注意しましょうと言われても困るとは思いますが、結構痛いものだと意識しながらも、リラックスしないと後で腫れがひどくなるかも知れないので、力を入れない様に...と心の中で思って耐えましょう。

麻酔の注射の時間は、短いですから、頑張って、リラックス状態を保つようにして下さい。

麻酔の注射が終わったら

麻酔の注射が終わったら、すぐに麻酔が効いてきます。

麻酔が効いてしまえば、あとはほとんど何も感じなくなるので、もう痛みなどはありません。

特に難しい麻酔ではないので、麻酔で失敗するとか問題が起きるということは、ほとんど無いと考えて良いでしょう。

全身麻酔ですと、手術前には断食をして、手術前の準備をしなくてはなりませんが、局部麻酔ではその様な心配もありません。

心配がある場合には、事前にその不安や疑問を医師に直接ぶつけてみて下さい。

医師から大丈夫ですよ!との言葉をいただければ、安心して手術にのぞめるのではないでしょうか。

気付く看護婦ミナ


注目クリニックの公式サイト集


*注目のクリニックを集めました。タップして公式サイトをご覧ください!