埋没法の手術は永久的な二重手術ではありません

せっかく、思い切って二重整形手術を受けたのに「手術前の目に戻ってしまうことがある」と言う話を、聞いたことがあると思います。

埋没法の二重手術後の二重持続期間は、だいたい3年から5年と言われています。

だいたいとしか表現できないのは、手術を受けた人が、再手術をするのに、同じ病院に行くとは限らないので、詳しい統計が取れていない様なのです。

実は、私は埋没法の手術をしていて、元に戻ってしまった経験者です。

元に戻ってしまった後で、別の医院で再手術(埋没法)を受けて、また二重にしてもらいました。

14年前のお話になりますが、その時のことを、お話したいと思います。

教えるミナ

1回目の埋没法の手術

まず、一度目に私が受けた手術法は、埋没法でした。

私の希望としては

  • 腫れないようにして欲しい(ダウンタイムを短くしたい)
  • 自然な末広型の二重にしてほしい(元の目は一重に近い奥二重です)

という内容でした。

高校生の時から、4年ほど毎日アイプチを使っていましたので、うっすらと線がついていた様に思います。

まぶたの脂肪は、多いわけでもなかったので、アイプチでどうしても上手くいかない! 二重にならない! ということも、ほとんどありませんでした。

手術後、元に戻りやすい目元は

  • ぽってりとした 脂肪の多い厚いまぶたの人
  • 埋没法で 幅広の平行二重にした人
  • まぶたをこする癖がある人

などなのですが、私はどれにも、当てはまっていませんでした。

でも、1回目の手術から1年半ほどすると、異変が起き始めたのです。

朝起きてみると、片目が、元の一重に近い奥二重に戻っているのです。

目を見開いてから、ぐっと力を入れると、手術後の目元に戻るのですが、力を抜くと、明らかに元の目に、戻ってしまっています。

アイプチを使ったりして、様子を見ていたのですが、ついにはもう片方の目も、元の目に戻ってしまいました。

埋没法では、結び留めていた結び目がほどけてしまったり、糸が切れることによって、二重が持続できなくなると、元の目元に戻ってしまいます。

私自身としては、糸が取れた(糸が切れた?)という事で、目元に感じる違和感はありませんでした。

でも、日に日に二重の幅が狭まり、元の目になっていることが、多くなってきたのです。

このように、埋没法には、しばらくすると元に戻ってしまうという、デメリットがあります。

顔を見て焦るミナ

2回目の埋没法の手術(再手術)

結局私は、再手術を選びました。

他院でのカウンセリングで、取れにくい糸を絡めて縫う埋没法だと、取れにくいはずのまぶただと言われ、その手術法を受けて12年経ちますが、今でも取れていません。

この12年のうちで、一度も取れるかな?と思ったこともありません。

医師の技術や、使う糸によっても、持続期間は変わってきますが、何度も糸が取れる方は、埋没法の手術がが向いていない可能性があります。

埋没法も3回が限界という事らしいので、それ以上の手術が必要な場合には、切開法での手術を勧められることになるでしょう。

切開法ですと、半永久的に、二重まぶたをキープすることが出来ます。

しかし、お値段も高くなりますし、ダウンタイムも長くなります。

3回目までは埋没法を試してみるのか? 初めから切開法を選ぶのか? という選択になる感じですが、まぶたの状態によって向き不向きがあるので、医師にまぶたの状態を診てもらいながら、カウンセリングの時に、どのようにするのかを、相談するようにしましょう。

埋没法での手術に臨むとしても、腫れやダウンタイムの長さよりも、二重が取れにくいことを優先させたい方は、カウンセリング時にその旨を伝えると良いでしょう。

気付く看護婦ミナ


注目クリニックの公式サイト集


*注目のクリニックを集めました。タップして公式サイトをご覧ください!