埋没法手術までの準備

埋没法ブログ【埋没法手術当日】のまとめ
気付くミナ

  • 【埋没法ブログ執筆者ニックネーム】
    ミナ(19歳の時)
  • 【埋没法手術の準備】
    手術は夏休み中に実施。バイトのシフトも減らした。
    化粧はしない、車で来院しないなどの注意事項を守って来院する。
  • 【二重ラインのチェック】
    手術前に、二重ラインをしっかりとチェックした。
  • 【埋没法手術の実際】
    麻酔が痛かった。
    まぶたをひっくり返されたり、引っ張られる感触はあったが、10分で手術は終了。
  • 【埋没法手術後のケア】
    入浴、飲酒、運動などカラダが温まる行為は禁止。
    手術後3時間くらいで麻酔が切れたが、大きな痛みは感じなかった。
  • 【二重の出来栄え】
    腫れが引いた後は、左右対称の希望通りの二重まぶたになれた。

 

実際の手術当日のことを、詳しく書こうと思います。

手術は、部分麻酔ですので、全身麻酔の様に、絶飲食ということはありませんでした。

手術の予約をした時に

  • お化粧はして来ないこと。
  • 腫れ具合では視界が悪くなるため、車では来院しないこと。
  • 当日、目にトラブルがあった場合は、手術が出来ないこと。

などが書かれた用紙を渡されていました。

当時大学生だった私は、毎日大学に通っていましたので、ダウンタイム時の人の目も気になります。

ですので、出来るだけ人に会わないように、手術は夏休み中に、行うことにしました。
アルバイトのシフトも極力減らし、人に出来るだけ会わないように、事前調整しました。

埋没法手術前の二重ラインのチェック

受付を済ませ、まずは再度、先生と二重にするラインのチェックをしました。

前回のカウンセリング時とは違い、お化粧もしていなかったので、素の状態でどのような顔になるのかを、しっかりと確認しました。

次に、決めたラインに、赤いマジックのようなもので、線を引きました。

これで準備は完了です。

そして、いざ手術へ。

気付くミナ

埋没法手術の実際

手術台に座り、先生は頭側に立ち、上から見降ろされるような状態での、手術になります。

顔の上に、シートの様な物を被せられました。

目元だけが空いているような、シートです。

麻酔は局所麻酔なのですが、まぶたの表面からと裏側からの、2回×両目に注射をします。

さすがにこれは痛かったですし、怖かった記憶が強く残っています。

特に、裏側からの麻酔は、痛みを強く感じました。

それでも、我慢できないような痛みではありませんし、一瞬のことです。

病院によっては、点眼麻酔を併用したり、笑気麻酔を併用している病院もあるので、痛みが気になる方は、一度、医師に相談してみることを、おすすめします。

手術時間は、ほんの10分ほどだったでしょうか。

麻酔が効いているので、手術中の痛みは無いのですが、糸を通してまぶたを縫うわけですので、まぶたを糸で、引っ張られている感覚や、まぶたを裏返される感覚はありました。

麻酔の効き具合というのは、人によって様々です。

痛かったら言って下さいね、と言われたので、我慢できないような痛みがある方は、早めに申告することをおススメします。

手術が終わり、その場ですぐに鏡を見せてもらうと、ほとんど腫れておらず、麻酔がしっかり効いているので、痛みもありませんでした。

麻酔が切れると痛いのかな、と思っていたのですが、私の場合は大丈夫でした。

特にその場で冷やしたりはせず、お会計を済ませ、電車で帰宅しました。

埋没法の手術後のケア

手術した当日は、入浴や、飲酒、運動など、身体が温まるような行為は禁止となります。

身体が熱を帯びると、腫れが酷くなってしまうことも、あるようです。

さっとシャワーを浴びて、痛みが出る前に、寝てしまうのが良いかと思います。

私の場合ですが、麻酔が切れ始めたなと感じたのが、手術後3時間くらい経ってからでした。

まぶたに少し、ズキズキするような痛みを感じました。

それでも、寝られないということは、全くない程度の、軽い痛みです。

痛みが出た場合は、市販の痛み止めを飲んでも良いとのことでした。

痛みや腫れが強い場合は、保冷剤などで目元を冷やすのも、効果的です。

気付くミナ

埋没法手術の出来栄え

限りなく、一重に近い奥二重だった私は、晴れてこの日から、末広型の二重まぶたになりました。

手術後3日程度で、人が見ても気にならない程度に腫れが治まり、腫れが引いた後の目は、ほぼ左右対称で、希望通りの二重まぶたになれた様に思いました。


注目クリニックの公式サイト集


*注目のクリニックを集めました。タップして公式サイトをご覧ください!