あなたに適した二重手術法を表から選ぶ

下の表は、あなたに最も適した二重整形手術を、選ぶための表です。

表中のマークは、他と比較した時の 優 > 劣 を、◎ > 〇 > △ > ✕ の順序で表現しているだけで、✕マークは不可と言う意味ではありません。

あなたに合った二重整形手術法

あなたに最も適した二重整形手術を選ぶ方法は、次の通りです。

まず、痛みやダウンタイムなどの二重パーフォンマンスの中から、あなたにとって最も重要な二重パーフォーマンスについて、表中のマークを確認して、どの手術法が適しているかを確認します。

そして、次に重要だと思う二重パーフォーマンスについても、同様にマークを確認してどの手術法が適しているかを確認します。

同じ様にして、順次全ての二重パーフォーマンスのマークを確認したら、あなたが望む二重パーフォーマンスの順位とその重要度の大きさを考慮して、全体のバランスを取って、最も適していると思う手術法を選定します。

あなたの望みを、全てを満たすような組み合わせは無いと思いますので、バランスを取るのが、なかなか難しいかも知れませんが、重要度の比較的低い二重パーフォーマンスは少し妥協して、重要度の高いと思う二重パーフォーマンスを重視したやり方で、あなたに最も適した手術法を導き出して下さい。

この表で導き出した最適な手術法は、あくまで参考情報ですので、医師とのカウンセリングの時に、あなたに最も合っている手術法について、医師と話し合って下さい。

この表を見て、自分に合った手術法を事前にシミュレーションしておくと、医師とのカウンセリングの時に必ず役に立ちますので、ぜひお試しください。

教えるミナ

痛みと二重手術法

手術中の「痛み」は、いずれの二重整形手術でも、手術の最初に麻酔の注射を打つとき以外は、ほとんど感じることはありません。

手術中は、麻酔が効いていて、どの手術法でも痛みを感じないのです。

ですから、表中の「痛み」の優劣は、手術後に麻酔が切れてから後の痛みにの違いになります。

埋没法の2点留めでは、手術後、軽い痛みを感じるだけで、それもすぐに消えることが多いのですが、埋没法の多点留めなどでは、痛み止めを飲むほどではないものの、ズキズキした痛みが数日間続く事があります。

部分切開法や全切開法の手術後の痛みは、埋没法よりは強くなりますが、見た目の酷さで想像するほど大きな痛みではありません。

手術後は、ジンジンした痛みが出ますが、痛み止めを飲むことで、我慢できる程度の痛みです。

手術後1週間くらい経つと、抜糸しますが、そのころには大きな痛みは感じなくなっています。

悩むミナ

腫れと二重手術法

「腫れ」の出方ですが、メスを使わない手術の埋没法の方が、腫れが少なくなりますし、腫れの出ている期間も短くなります。

埋没法の中でも、2点留めなど、留める本数が少なくて、複雑な結び方をしない方が、より軽い症状となります。

埋没法では、数日で腫れが引く場合が多いので、お化粧なども早くできる様になります。

切開法の場合は、まぶたにメスを入れるので、必ずひどい腫れが出てしまいますし、そのひどい腫れが引くまでに、1週間から2週間もかかります。

ひどい腫れが引けば、お化粧は出来る様になりますが、完全に腫れが引いて、二重まぶたが完成するには、3ヶ月ほどの時間が必要になります。

顔を見て焦るミナ

ダウンタイムと二重手術法

ダウンタイムは、手術後の腫れと密接な関係があり、腫れが早く収まればダウンタイムは短くなり、腫れが長引けはダウンタイムは長くなります。

埋没法では、スタンダードな2点留めで数日間、複雑な留め方で1週間程度のダウンタイムが必要となります。

腫れの少ない埋没法を、売りにしているクリニックもありますので、事前に医師に聞いてみるのが良いでしょう。

切開法のダウンタイムは、抜糸をして、ひどい腫れが引くまでの期間になります。

切開法の抜糸は手術後約1週間で行われ、ダウンタイムは1週間から2週間程度となります。

上記の期間が過ぎても、まだ傷跡が生々しく見えていて、目が腫れている状態ですので、それをメイクでごまかして外出することになります。

目の化粧するミナ

費用と二重手術法

手術にかかる「費用」ですが、手術の複雑さに比例して高額になっていきます。

比較的簡単な手術の「埋没法2点留め手術」が最も安くて、「全切開法手術」が最も高額となっています。

実際には、各クリニックで、数多くの手術法の手術費用が、細かく設定されていますので、そちらをご参照下さい。

埋没法手術の格安手術を目玉商品にしているクリニックがありますので、色々さがしてみるのも良いかも知れませんが、1点留めなどの、寿命の短い二重手術を、格安で提供していることもありますので、手術内容を良く確認してから、決める様にしてください。
(このサイトでは、1点留めの埋没法手術は、推奨しておりません。)

各クリニックで、色々と設定されている手術方法と費用を確認して、自分にあった手術法を選択してください。

財布を持って喜ぶミナ

二重の寿命と二重手術法

二重手術は、永久的な整形手術ではないと言う話は良く聞きます。

技術は進歩しているのですが、それでもスタンダードな埋没法では、数年で二重が取れてもとに戻ってしまう事例が多く発生しています。

クリニックでは、寿命の長い色々な埋没法手術を提案していますので、医師にこの辺の話を聞いておくのは重要な事となります。

当然のことですが、寿命の長い埋没法手術は、お値段も高くなってきますので、費用についても、事前に良く確認しておく必要があります。

切開法は、ほぼ永久に二重をキープできる手術法ですので、大きなメリットとして考えることが出来ます。

気付くミナ

平行二重になるのに適した二重手術法

芸能人の目を見て、平行二重にあこがれた人は多いのではないでしょうか?

「二重になるなら、絶対に平行二重!」と思っている人は多いと思います。

実は、私も最初は平行二重になろうと思っていたのですが、いろいろ調べたり、医師に話を聞いた結果、それぞれの人に合った二重があることが分かり、最終的には埋没法で末広型の二重にしました。

奥二重の人や分厚いまぶたの人は、埋没法では平行二重にするのが比較的難しい様で、無理に平行二重にすると、二重寿命がとても短くなってしまう事があると言う話も聞きました。

そんな事がありますから、平行二重二なりたい分厚いまぶたの人は、医師と良く相談してみて下さい。

切開法で手術すれば、どんな人でも平行二重になれますが、最初は埋没法を施術することを勧められるかも知れませんし、私の様に「末広型の二重が合っている」と教えてくれるかも知れません。

カウンセリングの時に、平行二重や末広型の二重をシミュレーションしてもらって、鏡で確認するのも重要だと思います。

虫眼鏡で見るミナ

末広型二重になるのに適した二重手術法

日本人のまぶたは、末広型の二重になりやすい形になっている場合が多いので、末広型を選ぶなら、どんな手術法にも適していると言えます。

どんなまぶたの人でも、末広型の二重を選択することで、ダウンタイムが短くて、費用も安く済む、埋没法手術を選べることになります。

まぶたの状態によっては、埋没法でも、問題なく平行二重になれる人もいますので、医師に相談して下さい。

OKマークを出すミナ

分厚いまぶたの人に適した二重手術法

分厚いまぶたの人が埋没法手術をすると、薄いまぶたの人に比べて、手術で取り付けた糸に対する負担が大きくなって、二重の寿命が短くなる事があります。

分厚いまぶたの人が、無理して埋没法手術で平行二重をした時などは、二重寿命を短くする可能性が高いことを知っておく必要があると思います。

分厚いまぶたの人でも、末広型の二重なら、埋没法の手術をすることに大きな問題はないと思いますが、程度によりますので、医師と良く相談する必要があります。

切開法で手術をするのであれば、分厚いまぶたの人でも希望のまぶたになることが出来ますし、まぶたから脂肪を取り除く施術を追加して、スッキリとしたまぶたに変身させることも可能です。

気付く看護婦ミナ

薄いまぶたの人に適した二重手術法

薄いまぶたの人は、どんな手術法でも希望の二重になれる可能性が広がりますが、奥二重の人で元々ある奥二重ラインが深く入っている場合など、まぶたの状態によっては、埋没法では平行二重にすることが難しいことがありますので、医師に良く相談して二重ラインを決めて下さい。

このサイトのテーマとは違いますが、薄いまぶたの人は、手術をしなくても、自力で二重になれる可能性を持っています。

特に、片目だけが一重になっている人とか、時々二重になることがある人などは、その可能性がかなり高いです。

薄いまぶたの人は、自力で二重になる方法についても、検討してみる価値が十分あると思います。

ファイトのミナ


注目クリニックの公式サイト集


*注目のクリニックを集めました。タップして公式サイトをご覧ください!