ぷっくりとした一重は二重になりにくい

まぶたに脂肪が多くて、ぷっくりとした一重まぶたの人は、アイプチやメザイクを使っても、綺麗な二重になりにくいと思います。

どうしても二重ラインが綺麗につかず、気づけば取れていた・・・なんてこともあると思います。

このような、アイプチでも上手く二重に出来ない人こそ、二重まぶたの整形手術が効果的なのです。

まぶたの脂肪の量によって、向いている手術方法が違ってきますので、埋没法の場合と、切開法の場合の、それぞれについて解説します。

教えるミナ

ぷっくりとした一重は埋没法手術が適している?

埋没法は、まぶたの裏側から糸で留めるだけの、手術法です。
一般的には、3-5年で糸が取れることが多いと、言われています。
しかし、まぶたの脂肪が多い方の場合は、もっと早く取れてしまう事もあります。

まぶたの脂肪が多いと、二重ラインに、まぶたが折りたたまれにくい為、糸に負荷がかかってしまい、取れやすくなってしまうのです。

特に、ご自身の目に合っていない平行型などの二重ラインで埋没法を行った場合は、取れやすくなってしまいます。

ぷっくりとした一重の方が、埋没法で行って取れにくい二重ラインは、奥二重か末広型です。

そして、出来るだけ、二重の幅を広げないほうが、二重の持ちが良いのです。

しっかりとラインがつくように、糸を留める箇所を増やしたり、糸を絡めるようにして強度を出すことによって、しっかりとした二重のラインをつけることが、出来るでしょう。

手術後、目をこすったりする行為も、糸が切れやすくなってしまうので、要注意です。

ぷっくりとした一重は切開法が適している

次に切開法ですが、まぶたに脂肪の多い、ぷっくりとした一重の人には、向いている二重整形手術法と言えます。

切開法を行えば、奥二重、末広型二重、幅広二重のいずれにすることも出来ます。

ぷっくりとした一重の人が、埋没法で、幅広の平行二重にすると、ガチャピンのような目になってしまいます。

腫れぼったい、脂肪が多いままでの、幅広な平行二重は、ちょっと不自然ですよね。

切開法ですと、まぶたの脂肪吸引も、同時に行ったうえで、二重にすることも出来ます。

そうすることで、すっきりとした、幅広の平行二重にすることも可能なのです。

ファイトのミナ

どんな二重が自分には良いのかを決めましょう

人によって【キレイな二重】の考え方と思いは、それぞれかと思います。

芸能人のような、幅広な平行二重が良い!と思っていても、カウンセリング時に、色々な二重を試してみることで、末広型のほうが良いかも?がなんてことになるかも知れません。

医師は、様々な患者さんのまぶたの状態を見てきている、プロです。

ですから、医師の意見に耳を傾けるのも、とても重要だと思います。

目だけが不自然な状態になってしまわないように、ご自分の顔に一番合った目元、というのを目指してみて下さい。

医師に、しっかりと、自分のなりたい二重の理想をお話した上で、医師の意見も聞きつつ、自分にとって最適な【キレイな二重】を決めてください。


注目クリニックの公式サイト集


*注目のクリニックを集めました。タップして公式サイトをご覧ください!